妊娠初期の腰痛を緩和するには?

肥後整体院 谷崎

こんにちは、熊本県菊池郡菊陽町の整体
「肥後整体院」の谷崎です。


当院のお客様より、「妊娠初期の腰痛を緩和するには?」という質問をいただきましたので解説します。

■【妊娠初期の腰痛を緩和するには?】■

妊娠がわかってから中期にさしかかるあたりまで、腰痛がひどく動くのがつらい、という方が多くいますね。
特に今まで腰痛経験がない方は、妊娠と何か関係しているのでは、と心配にもなります。

お腹が大きくなってくると、お腹を守る為や重心の位置が変わることから、その分、腰に負担がかかるので腰痛になりやすいと考えられがちですが、お腹が大きくなる前の妊娠初期の腰痛には様々な要因があるようです。

まず、腰痛が辛いと感じた場合は、切迫流産の前ぶれが原因であったり、その他の異常妊娠とも考えられるので、自己判断ではなく産科を受診した方が良いでしょう。

しかし、多くは妊娠に伴うホルモン分泌の影響によるものと思われます。
妊娠をすると「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになりますが、これは赤ちゃんが生まれるために、狭い骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに降りてくる準備に必要なホルモンです。

靭帯が緩むことで骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になり、結果的に腰痛の発症へ繋がると考えられています。

解消法としては、お風呂に入ってリラックスしたり、マタニティヨガ、マッサージなどで気分転換することが効果的なようです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
道順ページへ 電話対応