野球肘(上腕骨内上顆炎)について

こんにちは、熊本県菊池郡菊陽町の整体
「肥後整体院」の谷崎です。


野球肘(上腕骨内上顆炎)(やきゅうひじ・じょうわんこつないじょうかえん)の当院の関わり方についてお話します。

こちらの動画をご覧ください。
熊本|野球肘(上腕骨内上顆炎)|菊池郡の整体「肥後整体院」


野球肘(上腕骨内上顆炎)について


●【症状】
野球肘(上腕骨内上顆炎)(やきゅうひじ・じょうわんこつないじょうかえん)の症状としては、野球の投球動作を積み重ねることによって、肘(ひじ)に負担を掛け痛みが出てきます。
投球動作を積み重ねることにより起こる肘の痛みである。
一球で野球肘になることはなく、長期間に渡る悪いフォームでの投球、過度の投球によって起こる。
投球時や投球後に肘が痛くなります。肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。

●【原因】
原因としては、今現在の投球フォームに無理が或ことが考えられます。
フォームの欠点は人それぞれ体格や環境などによって違い、身体の癖(くせ)などにより肘に負担が掛かり、それが原因で痛みが出てきます。

つまり、ひじに負担がかかりすぎることが原因です。
投球フォームに無理があることが考えられる。フォームの欠点は人それぞれであるが、多くの場合投球のリリースの際に上体が開いている(正面を向いてしまっている)ことにより、肘が体から遠くを通り、肘にかかる負担を大きくしていることによる。

●【改善方法】
投球の中止が重要で、肘の安静が大切です。
電気治療や温熱治療などがある。
また肩周りの筋肉や股関節の柔軟性を高めることによっても快方に向かうこともある。
痛みが続き、スポーツ時に支障となる場合には手術治療が必要となることがあります。


●【施術方法】
当院の施術方法としては、全身を診て下半身から臀部・腰・背中など、身体全体ですけど、筋肉をほぐし、血行をよくし下半身の股関節回りの柔軟性(じゅうなんせい)を高め、痛みを改善していきます。
根本的な改善方法は、投球フォームを改造することなので、当院では柔軟性を重視して改善を行なっています。

野球肘を改善させたいと、
熊本市で整体院をお探しのあなたへ


r5-4-1■お客さま事例
野球肘にお悩みで当院に来られた、10代男性のお客さまの事例です。

この方は、熊本市西区春日にお住いの中学生の方で「3週間前から肘が痛く病院で野球肘と診断。3週間休ませたが痛みは改善しない。動かすとまた痛い。病院では治らないと思っていろいろ探した。」という理由で当院に来られました。

しっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操などにより、今は「野球肘・野球肩」が以前に比べると、はるかに楽になったそうです。
あなたも、施術をお試しになって、素晴らしい結果を体験してみてください。
いつでもお気軽にご相談ください。

●参考事例【腰痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にしてください(53秒)
↓  ↓  ↓

熊本市 腰痛|腰痛 施術の感想|「肥後整体院」

体験談インタビューの詳細は『腰痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)


まとめ

●【症状】
野球の投球動作を積み重ねることによって、肘(ひじ)に負担を掛け痛みが出てきます。

●【原因】
今現在の投球フォームに無理が或ことが考えられます。

●【施術方法】
投球の中止が重要で、肘の安静が大切です。
根本的な改善方法は、投球フォームを改造することです。

肥後整体院 谷崎 野球肘でお悩みの小学生・中学生のお子さんは、結構いらっしゃいます。
やはり体ができてきている段階での、体へのハードな負担が肘という部分に痛みとして出てきてくる訳ですね。
成長段階での、ハードすぎる練習は疲労蓄積で、体のどこかに無理がきてしまいます。
必ず強化と休息という、2つのバランスを取りながら上達の道を歩んで頂きたいと思います。