脊柱管狭窄症について

こんにちは、熊本県菊池郡菊陽町の整体
「肥後整体院」の谷崎です。

当整体院にも多くいらっしゃる「脊柱管狭窄症」について解説します。


こちらの動画をご覧ください。
↓   ↓   ↓
熊本|脊柱管狭窄症|菊池郡の整体「肥後整体院」

脊柱管狭窄症について


●【脊柱管狭窄症とは?】
脊柱管狭窄症とは、脊柱(せきちゅう)にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄し、圧迫された状態の事である。

●【症状】
脊柱管狭窄症の症状としては、歩いていると次第に足がしびれたり痛みを感じたり、少し休むと回復するとういうのが特徴です。
脊柱管狭窄症には、馬尾型(ばびがた)・神経根型(しんけいこんがた)・混合型の3種類があるといわれています。

歩いていると足が痺れたり痛くなったりという症状が出る。歩くことで下肢に負担がかかり、下肢の疼痛(とうつう)や痺れ(しびれ)などを感じます。
一時的に休むことにより疼痛や痺れの症状が軽くなり、再度運動をする事ができるようになります。
この症状を間欠性跛行・間歇性跛行(かんけつせいはこう)と呼びます。

●【原因】
原因としては、脊椎(せきつい)にある脊柱管(せきちゅうかん)が、だんだん狭くなって神経を圧迫して起きるのが原因です。
これは、脊椎(せきつい)にある脊柱管(せきちゅうかん)神経が徹管部分の内膣が狭くなり、干渉したり通りにくくなる状態になっているからです。

多くの原因は老化によるものです。しかし中には生まれつき(先天性)で脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなっている人、椎間関節(ついかんかんせつ)や椎弓(ついきゅう)の形がことなる人に多いようです。
他には、変性すべり症によるものは女性に多いようです。

●【改善方法】
神経を圧迫するような反った姿勢をとると、脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなって神経を圧迫するので前屈み(まえかがみ)の姿勢を保つようにするとよいでしょう。 このほかにも痛みが出る前に休憩をしたり、コルセットを使う方法などもあります。
よほど酷い場合は脊柱管広げる手術をする場合もあります。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)と思ったら 症状で説明した間歇性歩行(かんけつせいほこう)かなと思ったら、まずは整形外科などを受診する事をお勧めします。
どのような病気も最初は軽度なものから始まる物です。
まだ痛みが少ないからと言って放置してしまうと、症状はだんだんとひどくなる一方です。
症状がひどくなった場合、手術で脊柱管を広くする必要があります。
加齢のせいにするのではなく、少しでもおかしいと感じたら治療を受けましょう。

●【施術方法】
当院の施術方法としては、臀部(でんぶ)から腰にかけて筋肉を緩め、図を使って説明しますと、背中全体・肩甲骨回りまで筋肉を緩めて血行を改善させ、自然治癒力により症状の改善を図る施術をしています。



脊柱管狭窄症になるとどうなるの?


●【脊柱管狭窄症になると?】
脊柱管狭窄症になるとどうなるの?脊椎狭窄症とは脊椎管の中に通っている神経が圧迫されることによって様々な症状を引き起こす病気です。
あらゆる年代に発症の可能性がありますが、特に50代以降の人によく見られる傾向があります。

よくある症状としては、腕から手、指にかけて強い痛みやしびれを感じたり、重くだるい感じや力が入らない感じを覚えるなどのことです。
圧迫される神経の場所によっては腕ではなく腰や脚に症状が出ることもあります。
たとえば腰の重みや痛み、脚の痛みやしびれなどです。

●【特徴的な症状】
特徴的な症状として間欠跛行という症状があります。
これは長時間歩くことはできないものの、しばらく休めばまた歩けるというものです。
歩いているうちに下肢のしびれや重み、痛みが出て歩くことが難しくなるのですが、休むと症状が和らいで再び歩くことができるようになるのです。

歩き続けられる時間は神経の圧迫度合いによりますが、歳をとったからだろうなどと自己判断して放置してしまうケースも多いと言います。
このような痛みの特徴として前かがみになると楽になるというものがありますので、気になったらまずはお医者さんに行ってみることをおすすめします。


腰痛を改善させたいと、
熊本市で整体院をお探しのあなたへ


r5-4-1■お客さま事例
腰痛にお悩みで当院に来られた、50代男性のお客さまの事例です。

この方は、熊本市西区中原町にお住いの学校事務の方で「他の整骨院で8週間痛い治療を受けたが、休みの日の方が調子が良い感じがしていて治らない。近所の人から肥後整体院の話を聞いて、ホームページを見た。4月末にゴルフの素振りをしていて違和感があった。翌日から痛みが出始め整骨院に行った。マッサージが痛かったが、治ると思って我慢してたけど、ほぼ毎日行っていたが、週末の休みのほうが痛みがらくなので、おかしいと思っていた。」という理由で当院に来られました。

詳しく検査をしてみると、腰痛だけではなく「尾骨痛」などのお悩みも抱えていました。
しっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操などにより、今は腰痛・尾骨痛も以前に比べると楽になってきたとのことです。

また『腰痛改善に取り入れるべき「散歩+3つのストレッチ」』を参考にすることで、自宅での改善に役に立ったそうです。
あなたも、施術をお試しになって、素晴らしい結果を体験してみてください。
いつでもお気軽にご相談ください。

●腰痛の施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にしてください(53秒)
↓  ↓  ↓

熊本市 腰痛|腰痛 施術の感想|「肥後整体院」

体験談インタビューの詳細は『腰痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

●お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)


まとめ


●脊柱管狭窄症とは、、、
【症状】:歩いていると足がしびれたり痛みを感じたり、少し休むと回復するとういうのが特徴
【原因】:脊椎にある脊柱管が、だんだん狭くなって神経を圧迫することが原因
【改善方法】:まずは整形外科の受診が大前提。

肥後整体院 谷崎脊柱管狭窄症になってしまうと、病院での診察や手術での対策になってしまいます。まずは整形外科を受診するということが大前提ですので、痛みで悩んでいる場合は、すぐに受診しましょう。最悪の場合は、手術をしなければならないこともありますので、早め早めの対応を心がけましょう。

痛みを発症してからではなく、脊柱管狭窄症になる前に対策をしないといけませんので『腰痛予防には背筋力が重要!簡単3つの強化方法』を参考にして体つくりを行ってみて下さい。普段の予防活動が痛みにならないことに繋がりますので、毎日のちょっとした意識や運動やストレッチなどで結果が大きく変わってきます。

当整体院では、腰痛を改善できるように施術やアドバイス、自宅でも出来る体操などをお伝えできます。
いつでもお気軽にご相談ください。