ぎっくり腰(急性腰痛症)について

こんにちは、熊本県菊池郡菊陽町の整体
「肥後整体院」の谷崎です。

当整体院にも多くいらっしゃる「ぎっくり腰(急性腰痛症)」について解説します。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
↓   ↓   ↓
熊本|ぎっくり腰(急性腰痛症)|菊池郡の整体「肥後整体院」


ぎっくり腰・急性腰痛症について


●【症状】
ぎっくり腰とは急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)の俗称です。
場所によっては「びっくり腰」と呼ぶところもあります。
その他にも「魔女の一撃」などと呼ばれることもあります。
病院などによって「筋性腰痛症」(きんせいようつうしょう)・「ファセットペイン」に限定して呼ぶこともあるようです。

ぎっくり腰(急性腰痛症)の症状としては、腰椎、腰の当たりに激痛が走り、ひどい方は立てなくなったり歩けなくなったりします。

症状は、腰への激しい痛み、腰が抜けたような感覚、寝返りをすると痛みを感じる、上半身を動かせない、咳(せき)やくしゃみが腰に響く、歩けない・重い物を持ったり体を捻ると痛む、などの症状があります。

●【原因】
筋・筋膜性腰痛(きん・きんまくせいようつう)や腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)、腰椎の靭帯損傷(じんたいそんしょう)などいろいろな原因があります。
中には内臓疾患の場合もあります。 まずは痛みを感じたり、急性腰痛症を発症した場合は、すぐに病院へ行き受診をしましょう。

原因としては、筋肉疲労や血行不良などにより、筋肉が萎縮して急激に固まって電気のような痛みを発症します。
主な原因は下記のとおりです。
・急激な動作による筋肉への負荷
・疲労が抜けきれずに蓄積されていた
・寒さや緊張による筋肉の緊張
・運動不足などによる筋力不足
・体の柔軟性不足による筋肉への負荷
などが上げられます。

当院のお客様に関しては、ぎっくり腰で当院まで普通に歩けなかった方が、1~2回の施術で歩けるようになって帰られています。
※施術効果には個人差があります

●【施術方法】
当院の施術方法は動体療法を使って、仙骨などを中心に軽く摩するような施術方法で痛みを改善する施術を行なっています。

●【改善方法】
靭帯損傷の場合は、安静に靭帯を再生させることがいいでしょう。
筋・筋膜性腰痛や腰椎椎間板ヘルニアならば、施術により、痛みは軽減します。

●【注意点】
ぎっくり腰(急性腰痛症)になった場合、すぐに救急病院へ行ったり救急車を呼んだりすることは控えた方がいいかもしれません。
ぎっくり腰の場合、激痛に襲われた後、横になって気持ちが落ち着くと痛みが少し緩和される傾向があります。

ぎっくり腰(急性腰痛症)になってすぐに病院へ行っても、「じきに治ります」「数日後に検査しましょう」と言われて帰されるのが普通でしょう。
病院で受診をする場合の目安として、強い痛みが続く、痛みで目が覚める、発熱、発汗、しびれ、脱力感、排便、排尿の異常を感じるなどの症状を感じた場合は病院での受診をお勧めします。
そのあとに肥後整体院へお越しいtら抱くことが、一番安全で早い解決方法だと思います。

●【予防方法】
疲労が蓄積されていると、筋肉が収縮しぎっくり腰・急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)を発症しやすくなります。
日頃から十分な睡眠や適度な運動を心掛けるようにしましょう。

また、重たい荷物を持つ時や洗面台で前屈みになる時などは腰を曲げる姿勢ではなく、膝で高さを調整したりするとぎっくり腰・急性腰痛症になりにくいかもしれません。


ぎっくり腰になったらどうなるの?


●【ぎっくり腰になったらどうなるの?】
ぎっくり腰という言葉を聞いたことが無い人はほぼいないと思いますが、実際になったことがある人やその症状について、きちんと知っているひとは意外と少ないのではないでしょうか?

ぎっくり腰になったら一体どうなってしまうのでしょう。
ぎっくり腰になると、まず激痛に襲われます。
これは日常生活が困難になるほどの痛みです。
上半身を起こすことすらできなかったり、痛みのために歩くことができなくなったりします。

咳をしただけでも腰に激痛が走ることもあります。
この痛みは大体3日間ほど続くと言われ、欧米では魔女の一撃と呼ばれることもあるほどの痛みです。
どれだけ痛いのか、なんとなく想像ができるかもしれませんね。

●【ぎっくり腰の原因とは?】
ちなみにぎっくり腰になる原因は、腰を酷使した時や筋肉の機能バランスの乱れなど様々です。
老化によってぎっくり腰は起こりやすくなりますが、若い人でもなることがあります。

たとえばすわり仕事などで長時間同じ姿勢をとることが多いと筋肉負担に偏りが出るため、ぎっくり腰になりやすくなったりするのです。
一般的な対処法としては横になってひたすら安静にするしかありません。


ぎっくり腰を改善させたいと、
熊本市で整体院をお探しのあなたへ


r5-4-1 ■お客さま事例
ぎっくり腰にお悩みで当院に来られた、30代男性のお客さまの事例です。
この方は、熊本県荒尾市東屋形にお住いの会社員の方で「ぎっくり腰のお客さんの写真や体験談と説明が詳しくかいてあったので、安心できた。元々腰痛持ちでぎっくり腰などを繰り返している。4月頃から炊事のときや買い物でカートを押しているとお尻に激痛がでる。整骨院では埒が明かないと感じ、以前から聞いていたうちを探して来院した。」という理由で当院に来られました。

詳しく検査をしてみると、ぎっくり腰だけではなく「慢性的な腰痛」などのお悩みも抱えていました。
しっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操などにより、今は腰痛・尾骨痛も以前に比べると楽になってきたとのことです。

また『ぎっくり腰になったら、まず行うべき5つの対応方法』を参考にすることで、自宅での改善に役に立ったそうです。
あなたも、施術をお試しになって、素晴らしい結果を体験してみてください。

腰痛の施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にしてください(41秒)
↓  ↓  ↓

熊本市 腰痛|腰痛 施術の感想「肥後整体院」


体験談インタビューの詳細は『腰痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【ぎっくり腰の症状】
腰椎、腰の当たりに激痛が走り、ひどい方は立てなくなったり歩けなくなったりします。

●【ぎっくり腰の原因】
筋・筋膜性腰痛や腰椎椎間板ヘルニア、腰椎の靭帯損傷などの原因があります。

●【ぎっくり腰になったらどうなるの?】
痛みのために歩くことができなくなったりします。

肥後整体院 谷崎ぎっくり腰(急性腰痛症)になってしまうと、まずは動けませんし、骨や内臓の異常を調べた方がいいですので、病院での診察が必要になってしまいます。
ですので、ぎっくり腰(急性腰痛症)になるまえに対策をしないといけませんので『ぎっくり腰の人が知らずにやっている3つの共通点』を参考にして体つくりを行ってみて下さい。
その時の注意点は、無理をしないということが絶対なので、まず休むということを心がけましょう。痛みが治るまではゆっくりと動かずに痛みが落ち着くまで横になって入るべきだと考えます。当整体院では、ぎっくり腰を予防・改善できるように施術やアドバイス、自宅でも出来る体操などをお伝えできます。
いつでもお気軽にご相談ください。