仙腸関節炎について

こんにちは、熊本県菊池郡菊陽町の整体
「肥後整体院」の谷崎です。

当整体院のお客さまより質問がありましたので「仙腸関節炎」について解説します。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
↓   ↓   ↓
熊本|仙腸関節炎|菊池郡の整体「肥後整体院」

↑中心のボタンを押すと再生(45秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

「仙腸関節炎について」について解説します。

仙腸関節炎について

■【症状】
人により様々ですが、お尻の痛み・股関節(こかんせつ)の痛み・寝てても痛い・動くと痛いなどの症状があります。
仙腸関節炎の症状としては、骨盤回りに痛みが現れます。
腰痛や臀部(お尻)に痛みを感じることがあります。
特に妊婦や産後の女性に多く、腰をよく使う仕事をされていたりすることが大きな特徴です。
※病院でも、椎間板ヘルニアや椎間関節炎(ぎっくり腰)などと間違える可能性が高いほど診断が難しい

■【原因】
仙腸関節(せんちょうかんせう)とは左右のお尻の間あたりにある関節で、腰椎(ようつい)の下にある仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)をつないでいる関節です。

原因としては、細菌感染(さいきんかんせん)や骨盤のズレによる物質的な刺激が原因で起こったりします。
また、仙腸関節に強い刺激を与え続けてしまうと、仙腸関節が緩んみ骨盤がズレてしまう可能性もあります。

この仙腸関節に大きな負担がかかると痛みを発生します。
負担がかかる原因はたくさんありますが、生活の中で一番負担をかけていることは「座り方」です。
座り方で負担がかかるのは「足を組む」「地べたに座る」「正座を崩した座り方」などです。このような座り方をすると骨盤(こつばん)が歪んでしまい仙腸関節に負担をかけている状況になります。

■【確認方法】
自分でできる確認方法は、骨盤の歪みを確認する事です。
骨盤の左右の高さは同じか?などをチェックします。
骨盤の歪みなどは目ではわかりにくい物なので、信頼できる治療院で検査した方がいいかもしれません。

■【改善方法】
当院の施術方法としては、臀部(お尻)の筋肉を緩めたり腰回りの筋肉を緩め動体療法を使って仙骨(せんこつ)などを摩りながら、痛みを改善していく施術を行います。
骨盤矯正(こつばんきょうせい)をし、日頃の生活で骨盤を歪ませている可能性のある行動を改善する事が一番です。
細菌感染している恐れもありますので、まずは病院・整形外科で診断をオススメします。
また痛みが軽減しない場合も医療機関を受診し、治療を受けていただくことをお勧めします。

仙腸関節炎になったらどうなるの?


仙腸関節とは腸のあたりの骨、腸骨と尾てい骨の少し上の骨、仙骨をつないでいる関節です。
この仙腸関節の部分に炎症を起こした状態が仙腸関節炎です。
出産後の腰痛では仙腸関節炎が原因であることも多いといわれます。

中腰での作業や不用意な動作や繰り返しの負荷も原因となります。
細菌感染による場合は化膿性仙腸関節炎と診断されます。
ただし、仙腸関節炎は関節炎の専門医であっても判断しづらく、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアと診断されることも多いようです。
本当は仙腸関節炎であるのに、ヘルニアやぎっくり腰の治療を行ってもなかなか改善しません。

仙腸関節炎になったら、腰やお尻に痛みを感じます。
症状が重い場合、寝たきりになることもあります。
特徴としては横になると痛みが治まり、座った状態で痛みます。

また、お尻以外では足の付け根、足などに痛みを感じることもあります。
ふくらはぎまで痛みが放散する場合や、骨盤が痛む、ずきっと痛むなど、症状も人それぞれなようです。
一度仙腸関節炎になると改善には時間がかかります。
治療は安静にするほか、骨盤ベルトを用いて日常生活の負荷を軽減する方法や、それでも改善しない場合は仙腸関節ブロック注射や手術をする場合もあります。

股関節痛を改善させたいと、
熊本市で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例
股関節痛にお悩みで当院に来られた、30代女性のお客さまの事例です。
この方は、熊本市菊池郡菊陽町にお住いの事務職の方で「HPを見て治りそうだと思えた、、、」という理由で当院に来られました。

詳しく検査をしてみると、股関節痛だけではなく「首、太もも裏、腰、膝への痛み」などのお悩みも抱えていました。
しっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操などにより、今は股関節痛も腰痛も以前に比べるとはるかに楽になったそうです。

●【参考:腰痛・腰椎すべり症の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にしてください。(41秒)

熊本市 腰痛|腰痛 施術の感想「肥後整体院」

体験談インタビューの詳細は、こちらの『腰痛・腰椎すべり症の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

??お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●仙腸関節炎について
【症状】
お尻の痛み・股関節痛・寝てても痛い・動くと痛い
【原因】
仙腸関節に大きな負担がかかると痛みを発生します
【確認方法】
骨盤の歪みを確認すること
【改善方法】
・骨盤矯正
・痛みが軽減しない場合は医療機関を受診し、治療を受けてください

●仙腸関節炎になったらどうなるの?
仙腸関節炎になったら、腰やお尻に痛みを感じます。
症状が重い場合は寝たきりになることもあり、特徴としては横になると痛みが治まり、座った状態で痛みます。
治療は安静にするほか、骨盤ベルトを用いて日常生活の負荷を軽減する方法や、それでも改善しない場合は仙腸関節ブロック注射や手術をする場合もあります。

肥後整体院 谷崎 一度仙腸関節炎になると改善には時間がかかります。
ですが、絶対に治らない病ではありませんので、諦めず一緒に症状を改善していきましょう。

また、「骨盤ズレはどうやって矯正する?」も効果的ですので、参考にしてみてください。

当整体院では、腰痛やぎっくり腰を最短距離、最短の時間で改善できるように施術やアドバイス、自宅でも出来る体操などをお伝えできます。
いつでもお気軽にご相談ください。