ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)について

こんにちは、熊本県菊池郡菊陽町の整体
「肥後整体院」の谷崎です。

当整体院のお客さまより質問がありましたので「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」について解説します。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
↓   ↓   ↓
熊本|ジャンパー膝|菊池郡の整体「肥後整体院」

↑中心のボタンを押すと再生(1分02秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

ジャンパー膝(じゃんぱーひざ)・膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)の当院の関わり方についてお話します。

症状

ジャンパー膝は、膝蓋腱炎(しつがいけんえん)または靭帯炎(じんたいえん)とも呼ばれます。
この症状としては、膝周辺に運動しているときなど痛みを感じるようになります。
特にバレー・バスケットなどのジャンプする競技やサッカーなどのキック&ダッシュの繰り返しする競技で多く見られる傾向があります。

初期段階では運動開始後すぐに膝蓋骨(しつがいこつ)周辺に疼痛(とうつう)が発生します。
しかしこの頃の痛みは運動するのに支障が無い為気にはなりません。

中期の段階になると運動開始直後や運動終了後に痛みを感じます。
運動中は疼痛(とうつう)を感じる事はあまりないので動くことに違和感を覚える事もありません。

後期になると運動する事も困難になるほど痛みが生じます。
さらに酷くなると膝蓋腱(しつがいけん)が断裂を起こします。

原因

原因としては、クラブ活動での練習や試合でのジャンプ動作など使いすぎによる障害であります。
これは、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の筋肉の柔軟性が落ちており、筋肉が固くなったとこが原因の一つと考えられています。

ジャンプや激しいスポーツをやっている人に多くみられます。
ジャンプをする時や着地をする時に膝蓋靭帯(しつがいじんたい)に張力が加わります。
ジャンプや着地を繰り返すうちに膝蓋骨(しつがいこつ)と膝蓋靭帯(しつがいじんたい)の付着部分に炎症が発生して痛みを感じるようになるのです。

改善方法

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の疲労や緊張が主な原因になるので、しっかりと筋肉の緊張を取り除いてあげる事で炎症の進みは抑えることは出来るでしょう。
運動直後に痛みがある場合などはRICE療法でしっかりと患部を冷やしてあげる事が重要になります。
痛みを感じたり違和感がある場合の運動は避ける事をお勧めします。
運動を始める前後に大腿四頭筋を中心としたストレッチを行いましょう。

予防方法

当院の施術方法としては、下半身を中心に臀筋(でんきん)から、太ももの筋肉・ふくらはぎ(脹脛)の筋肉・足底筋(そくていきん)などの筋肉をまんべんなく緩め、血行を改善させ、膝をゆすりながら施術を行なっていきます。


膝痛を改善させたいと
熊本市・菊陽町で整体院をお探しのあなたへ

【お客さま事例】
膝痛にお悩みで当整体院へ来られた、30代女性の方の事例をご紹介します。

この方は、熊本県菊池市旭志にお住まいで、会社員として事務職をされている方で「病院や整骨院などの治療院もたくさん行ったが、これといって改善する気配も感じられない。体験者の声を見て、ここにかけてみようと思った。」という理由で来院されました。

膝周りや腰回りの筋肉の状態を見ると、かなり硬くなっていました。
これは治療院などで、強く揉まれ過ぎていたことも痛みが引かない原因の一つだと考えます。

当整体院の施術としては、筋肉をしっかりと緩めリラックスさせる施術を中心に行い、骨盤の歪みを整えること。
この方には、仕事での姿勢の悪さから影響を受けていましたので、『腰痛予防には背筋力が重要!簡単3つの強化方法』をアドバイスしました。
これで、3〜5回目の施術後にはかなり痛みも楽になり、今では毎月1回のメンテナンスに切り替えています。
痛みでお悩みの方は一度ご相談ください。

??お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

肥後整体院 谷崎ジャンパー膝(膝蓋腱炎)は、ジャンプ系や急激な動きをするスポーツによく見られます。
当整体院に来られる人を見ると、繰り返し運動のために、再発するという人が多く感じます。

しっかりと疲労回復を心がけるためにも、毎日の入浴で体の芯まで温めるという習慣とスポーツ前後のストレッチを行っていただきたいです。
一回、ジャンパー膝(膝蓋腱炎)になってしまうと、その後の影響は大きく、体だけではなく心にも「また膝が痛むかも、、、」というおkとにもなってしまうかもしれません。

自分の毎日のケアと共に、整体院での定的的な体のメンテナンスなどを活用して、最高のパフォーマンスを発揮できるようにしてください。
お悩みがあれば、お気軽にご相談ください。