肩峰下インピンジメント症候群について

こんにちは、熊本県菊池郡菊陽町の整体
「肥後整体院」の谷崎です。

本日は、「肩峰下インピンジメント症候群について」について解説します。
こちらの動画をご覧ください。

熊本|肩峰下インピンジメント症候群|菊池郡の整体「肥後整体院」

症状

肩峰下インピンジメント症候群(けんぽうかいんぴんじめんとしょうこうぐん)は、腕を上げる時に肩に痛みや引っかかりなどの違和感を感じます。
肩の上で腕を動かした場合に出る痛みが特徴で、腕の上下運動の動作で60~120度の間で痛みが発生します。
このインピンジメントとは、日本語でいうと「衝突」という意味なのですが、この衝突は肩甲骨上腕関節の鳥口肩峰アーチでの起こるといわれています。
鳥口肩峰アーチは、棘上筋腱(筋腱部)・関節包・上腕二頭筋腱(長頭)・肩峰下包など複雑な構造をしています。
水泳・バレー・テニス・野球・投てき競技など、肩を酷使する方に多い症状といわれています。

原因

酷使された腱板が機能障害を起こしてしまい、肩甲上腕関節が安定できずにバランスを崩し引き起こされます。
そして、腱板(棘上筋)と肩峰下滑液包に炎症が起きるため痛みが生じます。

これは主な原因として、
・野球などの投球動作を繰り返す
・テニスなどのスマッシュ動作を繰り返す
・バレーボールなどのアタック動作を繰り返す
ことで、オーバーユース(使いすぎ)で発症するといわれています。

夜間痛(やかんつう)などの痛みも起こることも特徴としてあります。

改善方法

腱板損傷の場合は、施術により自然治癒力で改善を行なっていきますが、腱板断裂の場合は病院での手術が必要になってきます。
肩関節のインナーマッスル(内在筋)の腱板の筋肉の緊張を解し痛みを改善させ、再発防止のために機能訓練と強化を行なっていきます。


施術方法

当院の施術方法を図を使って説明しますと、肩の筋肉・腕の筋肉をよくほぐし、肩甲骨周りもほぐし血行の流れを改善し痛みを和らげていく施術を行います。


肩を酷使する人が気をつけるべき肩の休養方法

肩コリで悩んでいる人は多くいると思いますが、どうして肩こりは発症するのでしょうか。
肩こりとは肩の周りの筋肉が疲労して強張っている状態をいいます。
肩や首がまるで重い荷物を背負ったように感じ、固く不快な症状や痛みを感じる症状です。

肩こりは、現代の職業病とも呼ばれていて、パソコン業務の拡大や長時間にわたる車の運転や、重い荷物を運ぶ、ストレスからくる精神的要因など、肩や心身を酷使してしまうことが原因だと考えられます。
急性の肩こりが続いてしまうと、炎症をおこしたり、腕が上がらなくなったってしまったりする慢性になる恐れもあるので細心の注意が必要です。

肩がこって辛いと思った時は無理をする前に休養し、早めの治療に心掛けてください。
肩こりを和らげるには首や肩関節周辺のストレッチングを行ったり栄養バランスの良い食事を通るようにしたりするとだいぶ楽になります。

また日頃から片方の肩だけに負担を掛けさせないようにしたり、長時間のパソコンや運転が必要な時は適度に休憩をはさみストレッチや背伸びなどしたりと、休憩する時間を取るようにしてください。
使いすぎが一番いけないので注意してください。


肩こりを改善させたいと
熊本市・菊陽町で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例
腰痛施術 肩こりにお悩みで当院に来られた、50代女性のお客さまの事例です。

この方は、熊本県熊本市戸島にお住いの会社員の方で「自宅と会社の中間で便利。」という理由で当院に来られました。

詳しくカウンセリングや検査をしてみると、肩こりだけではなく「首こり」のお悩みも抱えていました。

施術に内容としては、まずしっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操などにより、違和感は少しだけ残るものの、「痛みは施術前と比べると比べ物にならない!」と言われるほど、今は肩こりが以前に比べると楽になってきたとのことです。

その他の事例は、こちらの『肥後整体院のお客様体験談』を参考にされてください。

●【肩痛の施術を受けたお客さま体験談】
※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
熊本市 五十肩|お客さまインタビュー「肥後整体院」

↑中心のボタンを押すと再生(4分50秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●肩峰下インピンジメント症候群について

【症状】・・・腕を上げる時に肩に痛みや引っかかりなどの違和感を感じる人が多いことが特徴です。
【原因】・・・酷使された腱板が機能障害を起こしてしまい、肩甲上腕関節が安定できずにバランスを崩し引き起こされます。
【改善方法】・・・腱板損傷の場合は、施術により自然治癒力で改善を行なっていきますが、腱板断裂の場合は病院での手術が必要になってきます。

●肩を酷使する人が気をつけるべき肩の休養方法

その①・・・肩こりを感じたら無理をせず休養し、早めの治療に心掛ける。
その②・・・首や肩関節周辺のストレッチングを行う。
その③・・・栄養バランスの良い食事を通るようにする。
その④・・・日頃からバッグを持つ際などに片方の肩だけに負担を掛けさせないようにする。
その⑤・・・長時間のパソコンや運転が必要な時は適度に休憩をはさみ休憩する時間を取る。

肥後整体院 谷崎

肩こりや違和感を感じ、その症状がなかなか改善しない場合は今回お話ししたような「肩峰下インピンジメント症候群」などの厄介な場合かもしれません。
こういった症状を引き起こさないためにも日頃から適度に休息をとり、パソコン作業中や肩や腕を酷使する運動を行うときは入念にストレッチやマッサージをしましょう。
また、症状が酷くなるようであれば、一度専門の機関へ相談したほうがいいかもしれません。

当整体院ではまず原因を突き止めて、初期段階の内に早期完結できるよう施術やアドバイスなどをお伝えできます。
そして再発させないような取り組みも一緒に考えていきましょう。
いつでもお気軽にご相談ください。