半月板損傷について

こんにちは、熊本県菊池郡菊陽町の整体
「肥後整体院」の谷崎です。

本日は、「半月板損傷について」について解説します。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
↓   ↓   ↓

熊本|半月板損傷|菊池郡の整体「肥後整体院」

半月板損傷について


半月板(はんげつばん)とは膝の動きをスムーズにするための軟骨組織で膝関節(ひざかんせつ)の間でクッションとベアリングの役目をするものです。
膝関節の左右に三日月状の板が入っており、それぞれを「外側半月板(がいそくはんげつばん)」と「内側半月板(ないそくはんげつばん)」と呼びます。

●【症状】
半月板損傷は、内側半月板と外側半月板の2つあり、膝の動きを安定させたり衝撃を分散させるためのクッションの役割を果たしています。
この半月板損傷の症状としては、膝の関節に強い痛みが現れます。
半月板損傷(はんげつばんそんしょう)の症状にも大きく分けて2つあります。

◆正常型
正常型の半月板損傷は外傷が原因です。
最近のスポーツブームで内側半月の症状が多くなりました。その他にも交通事故・労働災害・運動中などの場面で発症します。多くの場合成人男性に見られます。

◆円板型
円板型の半月板損傷は先天性や幼児期に発症している物が原因です。
この円板型は若い女性に多くみられる傾向があります。
半月障害で見られる症状として、弾発膝(だんぱつひざ)が見られる場合もあります。
弾発膝とは通称ばね膝(バネ膝)とも呼ばれ、屈伸(くっしん)をした時にある角度以上で抵抗が見られます。

●【原因】
原因としては、膝の関節に急激な屈曲(くっきょく)や圧力が掛かり、半月板が関節に接触して挟まれたりして傷が入ったり切れたりします。
特に急激な方向転換やジャンプ&ストップなどの動きをする、バスケットボール・バレーボール・サッカー・野球・テニスなどのスポーツで、内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)や前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)の損傷などが多いのが特徴です。

正常型の半月板損傷の場合、スポーツや怪我などで損傷する場合があります。
激しいスポーツの場合、膝にかなりの負荷や衝撃がかかります、その影響で半月が損傷する場合もあります。また合併症として前十字靭帯損傷(ぜんじゅうじじんたいそんしょう)を発症する事もあります。
また、加齢が原因の場合は軽度な衝撃や負担でも半月が損傷しやすくなっています。ですので膝を動かす動作では注意した方がいいでしょう。

半月板損傷からの回復までに注意するべきポイントとは?


●【回復するまでのポイント】
半月板は膝内部の内側と外側に一枚ずつあり、大腿骨と脛骨からなる関節面に介在しています。
膝の動きを円滑にする役割、屈曲や伸展などの動きに伴う膝の動きを安定させせる役割があります。
また、ジャンプをした際、膝にかかる負担や衝撃を分散させるクッションのような役割も担っています。

●【痛みが出る理由】
時に、スポーツ等の活動で過度な負担や衝撃がかかることで半月板が損傷してしまうことがあります。
前十字靭帯や関節軟骨等の損傷との合併症を起こしやすく、膝に緩みが残ってしまう後遺症を引き起こす場合もあるため、半月板損傷には迅速な対応や治療が求められます。
痛みに加え、半月板の引っ掛かりで膝が動かないなどの症状がある場合は手術による治療が必要になります。
半月板損傷に対し、必ずしも手術を行うというのではなく、保存的療法もあるのです。

●【回復するまでの注意点】
回復まで痛む部位に負担をかけないような範囲で膝の安静を保つことが基本です。
湿布や塗り薬、飲み薬で痛みを抑制させ、水がたまっている場合には針をさして内容液を取り除きます。
半月板の血行が良い場合、自然治療も可能なため、回復までに注意すべきことは膝に負担をかけないということです。
安静でいることが早期回復のポイントとなります。

膝痛を改善させたいと
熊本市・菊陽町で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例
腰痛施術 膝痛にお悩みで当院に来られた、30代男性のお客さまの事例です。
この方は、熊本県菊池郡菊陽町にお住いのガソリンスタンド勤務の方で「自宅から近く通える整体院を探していた」という理由で当院に来られました。
詳しく検査をしてみると、膝痛だけではなく「首、背中痛」のお悩みも抱えていました。
やはりガソリンスタンドでの勤務ということで、立ちっぱなし作業が長く日々の疲労が抜けきれずに蓄積されていました。
施術に内容としては、まずしっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操などにより、今は膝痛も以前に比べると楽になってきたとのことです。
こちらの『膝の曲げ伸ばしで痛む時、膝を楽にする5つのストレッチ』など、自宅での体操を取り入れて改善していきましたので、参考にされてください。

お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●半月板損傷について

【症状】・・・半月板損傷の症状は「正常型」と「円板型」の2つがあります。
正常型の半月板損傷は外傷が原因で、多くの場合成人男性に見られます。
一方、円板型は半月板損傷は先天性や幼児期に発症していることが原因で、若い女性に多くみられる傾向があります。

【原因】・・・正常型の半月板損傷を発症する原因はスポーツ中や日常の中での怪我などにあります。激しいスポーツは膝にかなりの負荷や衝撃がかかり、その衝撃で半月が損傷する場合もあります。
また、加齢が原因の場合も多く、加齢に伴い知らず知らずに軽度な衝撃や負担でも半月が損傷しやすくなっていますので、立ち上がる時や階段の上り下りなど、膝を動かす動作には注意した方がいいでしょう。

●半月板損傷からの回復までに注意するべきポイントとは?

■ポイント①・・・半月板損傷には迅速な対応や治療が求められます。
■ポイント②・・・痛みに加え、半月板の引っ掛かりで膝が動かないなどの症状がある場合は手術による治療が必要になる場合もありますが、必ずしも手術を行うというのではなく保存的療法もあります。
■ポイント③・・・痛む部位に負担をかけないよう膝の安静を保つことが重要です。

肥後整体院 谷崎

半月板損傷の疑いがある場合、その治療法は症状やその程度により様々です。ただし、どのような状態であっても自己判断してそのまま放置していると症状はどんどんと悪化し、日常生活に支障をきたすようになってしまいます。

当整体院ではまず原因を突き止めて、初期段階の内に早期完結できるよう施術やアドバイスなどをお伝えできます。
そして再発させないような取り組みも一緒に考えていきましょう。
いつでもお気軽にご相談ください。