頸椎後縦靭帯骨化症について(動画解説)

こんにちは、熊本県菊池郡菊陽町の整体
「肥後整体院」の谷崎です。

「頸椎後縦靭帯骨化症」について解説します。

こちらの動画をご覧ください。
熊本|頸椎後縦靭帯骨化症|菊池郡の整体「肥後整体院」

頸椎後縦靭帯骨化症の当院の関わり方


●【症状】
頸椎後縦靭帯骨化症 (OPLL)は、頸椎を補強する脊髄の前側にある後縦靭帯が骨組織になり、肥厚してくる難病指定されている病気です。
脊髄や脊髄から出る神経が圧迫され、知覚障害・運動障害・神経障害を引き起こす病気です。

頸椎後縦靭帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこつかしょう)の症状は、首の骨の中の脊髄(せきずい)が圧迫されるため麻痺症状を起こします。
この症状は50歳前後の男性が多く、肥満(メタボリック)や糖尿病の患者さんに多い傾向があります。
初期症状としては、肩甲骨(けんこうこつ)・首筋や手先に痺れ(しびれ)が出てきます。
さらに症状が進んでくると、痺れ(しびれ)の範囲が広がって足などにも影響を及ぼしてきます。

●【どのような人に多い?】
この頸椎後縦靭帯骨化症 (OPLL)は、50歳前後の男性が症状を発症する確率が高いようです。
発症率は、女性の2倍男性が多いという統計が出ています。
また、糖尿病や肥満の方に頸椎後縦靭帯骨化症 (OPLL)の発生度が高い事が分かっています。

●【症状の現れ方】
初期症状は、首筋や肩甲骨周り・指先の痛みやしびれが一番初めに出てくる症状です。
症状が進行してくると、しびれや痛みが次第に広がっていき、感覚障害・運動障害など、重症になると排尿・排便障害など日常生活にまで影響を及ぼします。

●【原因】
原因の特定はまだできていません。
しかし、今考えられている原因としては、遺伝的素因・性ホルモンの異常・カルシウム、ビタミンDの代謝異常・糖尿病・肥満・老化・骨化傾向・局所ストレス・椎間板脱出などが考えられています。
原因としては、今のところ分かっていませんが、遺伝的なものもありますし、カルシウムの代謝異常と言われております。

●【施術方法】
改善方法は保存療法と手術があります。
保存療法は骨化によって圧迫されている神経を保護することが目的です。
頸椎後縦靭帯骨化症に掛かられた場合は、整形外科などの受診をオススメします。
国の難病対策に指定されています。詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

ぎっくり腰を改善させたいと
熊本市・菊陽町で整体院をお探しのあなたへ

【お客さま事例】

r5-4-1

ぎっくり腰にお悩みで当整体院へ来られた、20代男性の方の事例をご紹介します。

この方は、熊本県阿蘇市一の宮町にお住まいの、消防士の方で「ホームページが丁寧で治療もできそうと感じた。ぎっくり腰で整形外科に行って、側湾があると初めて言われた。仕事柄体を動かしている時間が長く、体が歪んでいるなと思うことも多く、手に力が入りにくいとかリラックス出来ないとか歪みが気になるなど、いろいろあるので、信頼できそうなところに決めた。」という理由で来院されたとのことです。

当整体院の施術としては、硬く緊張して痛めてきた背中や腰回り、太腿周りの筋肉をしっかりと緩め、リラックスさせる施術を中心に行い骨盤の歪みを整えること。
自宅では、10〜15分程度はしっかりと入浴する習慣をもつこと、当整体院がお伝えする軽いストレッチを実践する。
これで、5回目の施術後には痛みも楽に通常の生活ができるようになり、起床時以外は、ほとんど痛みを感じなくなったという喜びのご感想を頂けました。

あなたも辛くなる前に一度ご相談ください。

●【ぎっくり腰の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にしてください(6分43秒)
↓  ↓  ↓

熊本市 腰痛|お客さまインタビュー「肥後整体院」

体験談インタビューの詳細は、『ぎっくり腰の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【症状は?】
頸椎後縦靭帯骨化症は、首の骨の中の脊髄が圧迫されるため麻痺症状を起こすと言われています。

●【施術は?】
国の難病対策に指定されています。整形外科などの受診をオススメします。

肥後整体院 谷崎 頸椎後縦靭帯骨化症に直接何かできる訳ではありませんが、頸椎後縦靭帯骨化症であれば、日常生活の中で体のどこかに負担をかけていると思います。
それが体の筋肉に負担をかけてしまうことで、体のどこかに痛みや筋肉のハリやコリなどが発生します。
ですので、頸椎後縦靭帯骨化症の痛みだけではなく、頸椎後縦靭帯骨化症の影響から発生する他の痛み(例えば、腰痛や首痛など)もありますので、その痛みを施術により緩和することは可能です。
お悩みの方は、お気軽にご相談ください。