尺骨神経管症候群(ギヨン管症候群)について(動画解説)

こんにちは、熊本県菊池郡菊陽町の整体
「肥後整体院」の谷崎です。


尺骨神経管症候群(ギヨン管症候群)の当院の関わり方についてお話します。

こちらの動画をご覧ください。
熊本|尺骨神経管症候群・ギヨン管症候群|菊池郡の整体「肥後整体院」


尺骨神経管症候群について


【尺骨神経管症候群とは】
尺骨神経とは、みなさん机の角とかに肘の内側をぶつけたときに指先までビリビリと電気が走ったような感覚を受けたことはありませんか?
それが尺骨神経が刺激されて起こる症状です。
上腕骨内上顆(じょうわんこつないじょうか)というくるぶしの後ろの部分を打つと、そのようなビリビリを感じます。

【症状】
尺骨神経管症候群(ギヨン管症候群)とは、小指と薬指の神経を支配する尺骨神経(しゃっこつしんけい)が、肘の内側のトンネルの中で何らかの原因で圧迫を受けて痛みや痺れ(しびれ)が発症します。
尺骨神経管症候群(ギヨン管症候群)の症状としては、いつも手の小指と薬指がしびれている状態です。

【原因】
原因としては、肘に外傷を受けて肘の周りを通っている尺骨神経(しゃっこつしんけい)を圧迫して起こるのが原因だと言われています。
こういう症状が起きた場合は、病院など整形外科の早めの受診もオススメします。


尺骨神経管症候群を改善させたいと、
熊本市で整体院をお探しのあなたへ


r5-4-1■お客さま事例
手根管症候群にお悩みで当院に来られた、60代男性のお客さまの事例です。

この方は、熊本県阿蘇市黒川にお住いの会社員(デスクワーク)の方で「昨年11月頃から小指が痛い。病院で診断を受けたが治療はないので、紹介でカイロやハリに行くが改善があまりない。常に痛いので治せる治療院に行きたかった。」という理由で当院に来られました。

しっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操などにより、今は「尺骨神経管症候群」が以前に比べると、はるかに楽になったそうです。
あなたも、施術をお試しになって、素晴らしい結果を体験してみてください。
いつでもお気軽にご相談ください。

●参考事例【五十肩の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にしてください(4分50秒)
↓  ↓  ↓

熊本市 五十肩|お客さまインタビュー「肥後整体院」

体験談インタビューの詳細は『五十肩の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)


まとめ

●【尺骨神経管症候群とは】
机の角とかに肘の内側をぶつけたときに指先までビリビリと電気が走ったような感覚。
これが、尺骨神経が刺激されて起こる症状です。

●【症状】
小指と薬指の神経を支配する尺骨神経が、肘の内側のトンネルの中で圧迫を受けて痛みや痺れが発症します。

●【原因】
尺骨神経を圧迫して起こるのが原因と考えられています。

肥後整体院 谷崎 尺骨神経管症候群というと難しく聞こえるかもしれませんが、尺骨神経が圧迫されることで、小指に発症する痛みのことです。
基本的には、整体で直接的に改善させる手法はありませんが、尺骨神経の圧迫を改善する方法で痛みを改善させていきます。
湿布などでは、痛みが改善することはありませんが、根本的な生活習慣の見直しと、筋肉をしっかりと緩めることで、尺骨神経管症候群の小指の痛みを改善させていきます。