手根管症候群について(動画解説)

こんにちは、熊本県菊池郡菊陽町の整体
「肥後整体院」の谷崎です。


手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)の当院の関わり方についてお話します。

こちらの動画をご覧ください。
熊本|手根管症候群|菊池郡の整体「肥後整体院」


手根管症候群について


●【手根管症候群とは】
手根管とは、手根骨(しゅこんこつ)と横手根靭帯とからなるトンネルで、この中に長母指屈筋腱(ちょうぼししんきんけん)、人差指から小指の深、浅指屈筋腱(せんしくつきんけん)、正中神経(せいちゅうしんけい)等があります。
この部を酷使する人の屈筋腱(しんきんけん)の腱鞘炎(けんしょうえん)、関節リウマチによる滑膜炎(かつまくえん)、人工透析患者のアミロイド沈着、腫瘍(しゅよう)、骨折などの変形で正中神経が圧迫、絞扼(こうやく)されて引き起こされる障害を手根管症候群といいます。

●【症状】
手根管症候群の症状としては、手の人差し指・薬指などに痛みやしびれなどを伴います。
なかには、中指・薬指の痛みが出る場合もあります。
これは、主根管(しゅこんかん)という手の中にあるトンネルが何らかの影響で圧迫され、痺れ(しびれ)や痛みがでる症状です。
この痛みは夜間に痛みだす夜間痛(やかんつう)や、特に朝に痛みがひどくなり出るのが特徴です。

初期の症状として人差指、中指のしびれ、痛み、また薬指、親指に起きることもあります。
このしびれ、痛みは夜間、特に明け方に増強するのが特徴です。

●【原因】
特発性というものが多く、原因不明とされています。妊娠・出産期や更年期の女性が多く生じるのが特徴です。

原因としては、手を酷使する人の屈曲腱板(くっきょくけんばん)などの腱鞘炎(けんしょうえん)リュウマチなどの病気によって起こることもあります。
また、妊娠により妊婦さんの浮腫(むくみ)が原因で痛みが出ている場合もあります。
進行してしまいますと、親指の付け根の母指球筋(ぼしきゅうきん)の筋肉がうあせて細くなり、複雑な手の込んだ作業ができなくなる恐れもあります。
このような症状が出た場合は、早めの整形外科などの病院の受診もオススメしています。

●【改善方法】
症状の軽いものであれば鎮痛消炎剤、ビタミン剤や、手関節固定装具などの保存療法で回復が期待できます。
また妊娠など、ホルモンが原因と考えられる症例では、その時期がくれば回復することが多くあります。
しかし、明らかに筋力低下、筋萎縮の出現している、手根管内に骨性の異常がある症例には保存療法は無効です。

手根管症候群を改善させたいと、
熊本市で整体院をお探しのあなたへ


r5-4-1■お客さま事例
手根管症候群にお悩みで当院に来られた、40代女性のお客さまの事例です。

この方は、熊本県阿蘇市黒川にお住いの飲食業の方で「病院では原因不明でリウマチとも言われるが、陰性。朝手の激しい痛みで目が覚めて、はしも持てないくらい。生活に支障が出てきたが、病院ではどうにもならないから。」という理由で当院に来られました。

しっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操などにより、今は「手根管症候群」が以前に比べると、はるかに楽になったそうです。
あなたも、施術をお試しになって、素晴らしい結果を体験してみてください。
いつでもお気軽にご相談ください。

●参考事例【五十肩の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にしてください(4分50秒)
↓  ↓  ↓

熊本市 五十肩|お客さまインタビュー「肥後整体院」

体験談インタビューの詳細は『五十肩の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)


まとめ

●【手根管症候群とは】
手の人差し指・薬指などに痛みやしびれなどを伴います。
これは、主根管という手の中にあるトンネルが何らかの影響で圧迫され、痺れ(しびれ)や痛みがでる症状です。

●【原因】
特発性というものが多く、原因不明とされています。妊娠・出産期や更年期の女性が多く生じるのが特徴です。

肥後整体院 谷崎 手根管症候群は、突発性というものも多く、改善の方法がわからないというお客様が多くいらっしゃいます。
しかも、指は毎日何かしら使いますので、非常に生活が不便になります。
整形外科に行っても、整骨院などに行っても、有効な改善策がなく途方にくれる人もいらっしゃる症状です。
まず、指に痛みを感じるようになったら、整形外科を必ず受診するようにしましょう。現状を科学的に調べることは重要です。
その後、有効な治療手段が見つからない場合は、当整体院にお気軽にご相談ください。