腱鞘炎について(動画解説)

こんにちは、熊本県菊池郡菊陽町の整体
「肥後整体院」の谷崎です。


腱鞘炎(けんしょうえん)の当院の関わり方についてお話します。

こちらの動画をご覧ください。
熊本|腱鞘炎|菊池郡の整体「肥後整体院」


腱鞘炎について


●【症状】
腱鞘炎とは手の指や手首、腕などに多く発症します。 
炎症を起こしている部分の腫れや痛みなどが見られます。
指や手首を動かすときに痛みがともない、炎症により痛む部位が熱をもったり腫れることもあります。

それに伴い、痛む部位の動かしづらさなども見られます。
これは腱を覆う腱鞘(けんしょう)が炎症を起こしているためです。

●【原因】
原因としては、指や手首などいつも使う関節を継続的に繰り返し使うことによって前腕(ぜんわん)や手の腱鞘炎(けんしょうえん)を起こすことが多くあるようです。
腱鞘炎は、職業病とも言われるほど仕事の影響を受ける症状で、事務職やライターなど文字を書く方にも多い症状です。
工場勤務の方でインパクトレンチを使う方は指の、ばね指(ばねゆび)や弾撥指(だんばつし)といわれることもあります。
また、怪我などによっても起こる場合もあります。

指や腕の関節を動かすためには、骨と筋肉をつないでいる腱を動かさなければなりません。
腱の周りに腱が浮き上がらないように押さえる役目をする腱鞘とゆう筒状のものがあります。
手や腕の使いすぎなどにより、この腱鞘の部分に炎症が起こります。
これを腱鞘炎といいます。
激しい運動や反復性の作業を継続して行ったりする人に多く、女性の人で子供を抱っこして手や腕に負担をかけて起こったりもします。

●【改善方法】
熱をもって腫れなどがあるようでしたら痛む部位を冷やして固定しあまり動かさないようにしましょう。
痛みがあるときはテーピングなどで痛む部位の負担を減らし動きを制限することも効果的です。
運動不足も考えられますので普段から手や腕を適度に動かして筋力をつけ無理のない運動を行いましょう。

●【施術方法】
当院の施術方法は痛む部位の近くの筋肉などをしっかり緩め、血行を改善して自然治癒力を高める施術を行なっています。
首、肩、背中などの筋肉を緩めて血流をよくして痛みをやわらげていきます。
詳しい方法は一度来院されて施術を受けられると痛みがやわらぐのがわかると思います。

五十肩を改善させたいと、
熊本市で整体院をお探しのあなたへ


r5-4-1■お客さま事例
五十肩にお悩みで当院に来られた、50代女性のお客さまの事例です。

この方は、熊本市西区春日にお住いの会社員の方で「全身の筋肉をほぐしてくれそうでし、ゆがみを治してくれそう。五十肩の人の写真があり、娘と見てこんなに上がるようになるなら行ってみたいと思った。」という理由で当院に来られました。

しっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操などにより、今は「五十肩」が以前に比べると、はるかに楽になったそうです。
あなたも、施術をお試しになって、素晴らしい結果を体験してみてください。
いつでもお気軽にご相談ください。

●参考事例【五十肩の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にしてください(4分50秒)
↓  ↓  ↓

熊本市 五十肩|お客さまインタビュー「肥後整体院」

体験談インタビューの詳細は『五十肩の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)


まとめ

●【症状】
手の指や手首、腕などに、動かすときに痛みがともない、炎症により痛む部位が熱をもったり腫れることもあります。

●【原因】
指や手首など、いつも使う関節を継続的に繰り返し使うことによって前腕や手の腱鞘炎を起こしてしまいます。

●【改善方法】
熱をもって腫れなどがあるようでしたら痛む部位を冷やして固定しあまり動かさないようにしましょう。

肥後整体院 谷崎 腱鞘炎は、特に繰り返し使う手首や指などで発症する症状です。
工場勤務の方で、インパクトレンチを使う方は、ばね指や弾撥指などと言われています。
一度発症すると、仕事などで使わざるを得ない指のため、すぐに改善するのは難しく多くの人が悩まれている症状でもあります。
基本的には、使わないということが大前提になりますが、仕事で使っている場合などはそうはいきません。
ですので、腱鞘炎の痛みが出る前の対策が重要になります。
もし、すでに痛みがある場合は、整形外科や整体院に一度相談してみると良いでしょう。