猫背をポカポカ温まりながら改善させる3つの生活習慣

こんにちは、熊本県菊池郡菊陽町の整体
「肥後整体院」の谷崎です。

「猫背をポカポカ温まりながら改善させる3つの生活習慣」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。
 ↓   ↓   ↓
熊本 猫背|菊池郡の整体「肥後整体院」




猫背になると?

■【猫背になってしまうと、、、】
猫背の症状としては、前傾して前に丸くなる姿勢のことをいいます。特に、長時間行うデスクワークのパソコン作業や事務職の方は、頭が重いため、前に出てしまい顎が下がってしまい猫背の姿勢になる傾向が強いです。猫背ですと姿勢が悪いため、見た目の印象も良くなく「自信がなさそう・・・」と見られることもあります。

また、姿勢が悪くなることから、背中・腰・肩・首の筋肉に負担を掛け続けてしまうため、血流が悪くなり肩こり・腰痛・頭痛などの痛みが出ることも良くあります。あまりに長期間も負担をかけ続け、酷くなると椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症などのツライ痛みを引き起こす症状になってしまうこともあります。

さらには、内臓が圧迫されることで内臓への血行が悪くなり、胃腸の不調・便秘・肥満・冷え性などの内臓系の不調も起きることもあります。


猫背になってしまう3つの原因

原因としては、普段の生活環境や仕事などによって前傾姿勢を長く取ることにより起こります。

前傾姿勢になる要因としては、
・デスクワークでお仕事をされている方
・パソコン業務が多い方
・身長が高い
・腹筋、背筋が弱くてバランスが悪い
・運動不足(筋力不足)
・小さな子供がいるご家庭  などが挙げられます。

●原因①『長時間のデスクワーク』
やはり長時間のデスクワークは、猫背になる一番の原因だと考えられます。
長時間の猫背姿勢になると、正しい姿勢を維持する筋肉「抗重力筋」を動かすことがありません。
長時間の同じ姿勢で、筋肉は緊張し柔軟性がなくなり硬くなると血流が悪くなってしまいます。
血流が悪くなると、体の隅々の細胞まで酸素や栄養分を供給できず、乳酸や老廃物の回収も滞ってしまいます。
すると、溜まった乳酸などが疲労物質として、筋肉を疲労させてしまい、痛みやしびれなどの原因になるのです。

●原因②『運動不足による筋力低下』
日本人の体型は欧米人に比べると、猫背になりやすい体型だといわれています。
これは、身体を正しい姿勢で維持させる必要な「抗重力筋」などの筋力が、欧米人に比べ少ないからです。
そのため、猫背になりやすいといわれています。

また、現代の生活は、昔の生活に比べると、体を動かすことが少なくなっています。
移動では車を使い、洗濯も洗濯機、掃除も掃除機などで雑巾がけをすることもなくなり、仕事でもパソコンを使ったデスクワークが中心で、身体を動かす仕事も少なくなり、体の筋力が低下しているのです。

●原因③『骨盤の歪み』
骨盤の歪みも猫背になる大きな原因の一つです。
骨盤の歪みは、普段の生活の中での悪いクセが大きく影響しています。
例えば、「足を組む・横座り・アヒル座り・重心をいつも片足にかける・重い荷物をいつも同じ肩にかける」など、左右のバランスが取れない生活で歪みが起こります。

骨盤が歪んでしまうと、上半身と下半身のバランスが崩れてしまい、背骨が歪んでしまいます。
背骨は26個積み重なっている脊柱で、自然な背骨の湾曲のバランスが崩れてしまうのです。
そうなってしまうと、筋肉への負担は大きくなり、血流やリンパの流れが悪くなり、自律神経に影響が出たり免疫力が落ちるということもあります。
ですので『産後の腰痛(骨盤の歪み)を改善させる3つの体操』を参考に改善に取り組んでみて下さい。

猫背を改善させる3つの習慣

●習慣①『ストレッチをする習慣』
ストレッチをすることで、筋肉をしっかりと伸ばし、筋肉の柔軟性を高めて血流を改善するようにしましょう。
猫背の改善には、長時間の同じ姿勢によるデスクワークの合間に、ストレッチを入れて筋肉に休憩を入れてあげることが重要です。
【背中伸ばしストレッチ】
背中を伸ばすことで、筋幾の緊張と血流の改善を行うストレッチです。
「やり方」
背筋を伸ばして顎を引いて、椅子に浅く座った状態で、両手を背中側に持ってきて、手の平が上を向くようにして手を組みます。
肩甲骨を中央に寄せるようにして、手を下へグ~ッと伸ばします。
ゆっくりと呼吸をしながら、頭を後ろに倒して10秒間キープし、ゆっくり元の位置に頭を戻します。
このストレッチを最低でも30~60分に1回は行うようにして、筋肉の緊張や血流の改善を行いましょう。

●習慣②『運動して筋力を向上させる習慣』
運動不足による筋力低下も猫背の原因になりますので、いつもより「歩く量を増やす」ことを意識してみて下さい。
朝や帰りの通勤時や昼休みなどに20~30分ほどのウォーキングを入れるようにすると、有酸素運動と筋力強化になりますので、血流アップで脳が活性化し、リラックス効果もあるため仕事の効率も上がるでしょう。
特に朝のウォーキングは、体内時計がリセットされ、自律神経が整いますので、体温の調整機能が働き代謝アップに繋がり、ダイエットなどにも効果的です。

●習慣③『体を冷やさず温める習慣』
体が冷えてしまうと、筋肉の緊張を生み出してしまい血流が悪くなってしまいます。
ですので、体を常に温めるという習慣を付けると、自然と血行の促進に繋がります。
例えば、シャワーをやめてお風呂に浸かると、お風呂の温熱効果・水圧効果・浮力効果などで、血行促進やリラックス効果があり、体の芯までポカポカに温まります。
また、靴下を2枚履くことや腹巻をしたり、就寝時に湯たんぽでお腹を温めたりすることで、内臓の血行も良くなり、低低温や生理痛や排卵痛や冷え性などの改善にも効果的です。


猫背を改善させたいと、
熊本市で整体院をお探しのあなたへ

■お客さま事例
r5-4-1 体の歪みと猫背にお悩みで当院に来られた、20代女性のお客さまの事例です。
この方は、熊本県菊池郡大津町にお住いの会社員で倉庫管理の事務職の方で「ホームページみて整体院の雰囲気がよく、トレーナー経験者の施術を受けてみたかった、、、」という理由で当院に来られました。

詳しく検査をしてみると、猫背だけではなく「体の歪みからくる腰痛や首痛」などのお悩みも抱えていました。
しっかりと筋肉を弛め、骨盤を整える施術やご自宅での体操などにより、今は猫背や腰痛や首痛も以前に比べると楽になってきたとのことです。

また『腰痛予防には背筋力が重要!簡単3つの強化方法』を参考にすることで、改善点が明確になり修正しやすかったそうです。
あなたも、施術をお試しになって、素晴らしい結果を体験してみてください。
いつでもお気軽にご相談ください。

●【腰痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にしてください(41秒)
↓  ↓  ↓

熊本市 腰痛|腰痛 施術の感想「肥後整体院」


体験談インタビューの詳細は、『腰痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●猫背になってしまう3つの原因
①長時間のデスクワーク
②運動不足による筋力低下
③骨盤の歪み

●猫背を改善させる3つの習慣
①ストレッチをする習慣
②運動して筋力を向上させる習慣
③体を冷やさず温める習慣

肥後整体院 谷崎猫背はデスクワークをする人にとっては、常に悩む症状です。長時間のパソコン作業などを行う人にとっては、切っても切り離せないものです。意識しないと猫背になってしまう人は注意が必要です。

病気でない、筋肉系の体の痛みは、猫背から始まると考えています。猫背から始まるいろいろな不調は数多くありますので、不調になる前にきちんと改善し、発生しないような習慣を身に付けて下さい。腰痛や首痛などなど全ては猫背で背中の筋肉が引っ張られ、お腹の筋肉は収縮することで、負荷がかかり続けます。筋肉の緊張を生み続けるのです。

猫背の改善は、当院の施術方法を図で説明しますと、腰から背中にかけての背骨の横の脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)などしっかり緩め、肩甲骨(けんこうこつ)周り・肩からの僧帽筋(そうぼうきん)をしっかり緩め背骨を矯正して真っ直ぐ伸ばしていきます。もちろん、そのほかにも姿勢指導なども行なっておりますが、一番重要なのはあなたの意識。改善させるという強い意識が必要です。常に意識しないと猫背は改善できるものではないと考えています。

当整体院では、猫背を改善できるように施術やアドバイス、自宅でも出来る体操などをお伝えできます。いつでもお気軽にご相談ください。